県議会議員選挙

岩手県議会議員選挙【一関選挙区】開票結果速報2019 当選者 立候補者の情勢

本記事では岩手県議会議員選挙2019から【一関選挙区】の立候補者名一覧と当選者の開票速報と開票結果、選挙情勢、投票率についてお伝えします。

岩手県議会選挙2019の一関選挙区の定数は5となり、同じく選挙戦が行われる奥州選挙区と同定員数となります。

盛岡選挙区や奥州選挙区などその他投開票の岩手県議会議員選挙の情報についてはこちらからご確認ください。

>>2019年岩手県議会議員選挙 投開票速報・開票結果一覧はこちら

岩手県議会議員選挙2019【一関選挙区】開票結果・開票速報・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選9,312高田 一郎60共産農業
たかだ いちろう
当選11,422岩渕 誠49国民農業
いわぶち まこと
当選9,170佐々木 朋和42無所属会社役員
ささき ともかず
7,740千葉 進65無所属県議会議員
ちば すすむ
当選10,241飯沢 匡57いわて県民クラブ会社役員
いいざわ ただし
当選12,638神崎 浩之58自民社会福祉士
かんざき ひろゆき

岩手県議会議員選挙2019【一関選挙区】の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








岩手県議会議員選挙2019【一関選挙区】の立候補者と選挙情勢

岩手県議会議員選挙2019一関選挙区は、定数5人に対して、6人が立候補しました。

新旧別・党派別の内訳は以下のとおりです。

現職元職新人
自由民主党11
国民民主党11
日本共産党11
いわて県民クラブ11
無所属22
4106

( )は女性候補者数

現職4人、元職1人が争っています。

党派別は自民1人、国民1人、共産1人、いわて県民1人、無所属2人。

なお女性候補は0です。

2015年の選挙では、現職5人、新人1人(自民1・民主1・共産1・自由1・いわて県民1・無所属1)の計6名が立候補し、自由党現職が落選。

投票率は57.92%(前回比7.18%↓)で、最下位当選者は9,167票、次点候補者は9,140票と超僅差でした。

参考:2015年岩手県議選一関選挙区の開票結果

結果得票数氏名党派新旧主な肩書き
11545神崎 浩之自民社会福祉士
かんざき ひろゆき
11343佐々木 朋和民主会社役員
ささき ともかず
11128高田 一郎共産農業
たかだ いちろう
10166飯沢 匡いわて県民クラブ会社役員
いいざわ ただし
9167千葉 進無所属無職
ちば すすむ
9140岩渕 誠生活医療法人理事
いわぶち まこと

 

2011年の選挙では、現職2人、新人5人(自民1・民主3・共産1・いわて1・無所属1)の計7人が争い、民主と無所属の新人が落選。

投票率は65.10%(前回比5.72%↓)で、最下位当選者は10,418票、次点候補者は5,891票でした。

今回の投票率は50~53%あたり、当落ラインは激戦が予想されるため9,000~10,000票あたりと予想されます。








岩手県一関選挙区の概要と特徴

岩手県一関選挙区は、一関市と平泉町がエリアです。

一関市

一関市は、東北地方のほぼ中央、県の最南端に位置し、県内では陸前高田市・奥州市・平泉町・住田町、県外では宮城県栗原市・登米市・気仙沼市、秋田県東成瀬村と県内外の多くの市町村に隣接しています。

市の中央部には東北一の大河である北上川が流れ、市内には3県にまたがる栗駒山のほか、猊鼻渓や厳美渓の名勝地、一関温泉郷などの観光地を有します。

東北自動車道(一関IC)や東北新幹線(一ノ関駅)などが通るなどアクセスに恵まれ、首都圏から約450kmと新幹線で日帰り可能です。

面積は1,256.42平方kmで市域は東西に約63km、南北に約46kmの広がりがあります。

また、人口は116,367人(2019年4月1日現在)で、人口・面積とも県内2位の規模です。

県南部から宮城県北にかけての中東北の拠点都市である一関市は、経済・文化・教育の中枢都市としてさらなる発展が期待されています。

平泉町

世界遺産のまちとして知られる平泉町。

盛岡市から南に約83kmの県南部に位置し、東側は一関市東山町に、北側は奥州市前沢区・衣川区、南側は一関市にそれぞれ隣接。

面積は県内最小の63.39平方kmで、東西16.15km、南北8.51kmと東西に細長く伸びた形状です。

町の中央が北上盆地の一角を成し、その西側が奥羽山脈から東に延びる平泉丘陵の東端にあたります。

衣川、太田川、北上川に囲まれた平坦部にJR平泉駅や国道4号、町役場などがあり、駅前を中心に繁栄。

国道4号、JR東北本線が南北に通り、国道4号の西沿いを東北自動車道が通っています。

平安時代末期に奥州藤原氏が本拠地を構えた町として知られ、当時は平安京に次ぐ大都市として発展。

現在も平泉丘陵の東端部に中尊寺・毛越寺・無量光院など藤原三代の遺跡・文化が多く残され、国内外から多くの観光客が来訪しています。

2019年岩手県議選挙その他選挙区についてはこちら

2019年の岩手県議会議員選挙では16選挙区に62人の候補者が立候補し、内8選挙区が無投票選挙となりました。

無投票選挙となった選挙区は以下の通りです。

  • 宮古選挙区(定数3)
  • 遠野選挙区(定数1)
  • 陸前高田選挙区(定数1)
  • 釜石選挙区(定数2)
  • 二戸選挙区(定数2)
  • 八幡平選挙区(定数2)
  • 滝沢選挙区(定数3)
  • 九戸選挙区(定数1)

また、選挙戦となった選挙区の候補者情報や開票結果情報については以下リンク先よりご確認ください。

その他2019年9月8日投開票の選挙

岩手県議会議員選挙2019以外で2019年9月8日に投開票となる選挙は以下の通りです。

error: Content is protected !!