県議会議員選挙

岩手県議会議員選挙【久慈選挙区】開票結果速報2019 当選者 立候補者の情勢

本記事では2019年9月8日投票率の岩手県議会議員選挙から【久慈選挙区】の開票速報と開票結果、立候補者名一覧や当選者、選挙情勢、投票率などについてご紹介しています。

定数2に対して3名が名乗りを挙げた久慈選挙区は対象行政区は久慈市と野田村の2つとなります。

激しい選挙戦を制した当選者は誰だったのか、見ていきましょう。

>>2019年岩手県議会議員選挙 投開票速報・開票結果一覧はこちら

岩手県議会議員選挙2019【久慈選挙区】開票結果・開票速報・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
6,416清水 恭一68自民NPO法人役員
しみず きょういち
当選6,691中平 均47無所属会社役員
なかたい ひとし
当選6,666岩城 元47無所属会社役員、元久慈市議
いわき げん

岩手県議会議員選挙2019【久慈選挙区】の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








岩手県議会議員選挙2019【久慈選挙区】の立候補者と選挙情勢

岩手県議会議員選挙2019久慈選挙区は、定数2人に対して3人が立候補しました。

新旧別・党派別の内訳は以下のとおりです。

現職元職新人
自由民主党11
無所属112
1113

現職1人、元職1人、新人1人が争っています。

元職候補は市長選出馬により失職し、出戻りです。

党派別では、自民党1人、無所属2人。

なお、女性候補は0人です。

2015年の選挙では、現職2人、元職1人(自民1・無所属2)が争い、無所属現職が落選。

投票率は61.87%(前回比1.33%↓)で、最下位当選者は6,544票、次点候補者は6,109票でした。

参考:2015年岩手県議選久慈選挙区の開票結果

結果得票数氏名党派新旧主な肩書き
8166中平 均無所属会社役員
なかたい ひとし
6544嵯峨 壱朗自民会社役員
さが いちろう
6109清水 恭一無所属岩手県議会議員
しみず きょういち

 

2011年は、現職2人、新人1人(自民1・民主1・無所属1)が争い、民主現職が落選。

投票率は63.20%(前回無投票)で、最下位当選者は7,066票、次点候補者が6,954票でした。

今回の投票率は58~61%前後、当落ラインは6,500~7,000票あたりではないでしょうか。

>>2019年岩手県議会議員選挙 投開票速報・開票結果一覧はこちら








岩手県久慈選挙区の概要と特徴

岩手県議会議員選挙2019久慈選挙区は、久慈市と野田村がエリアです。

久慈市

久慈市は、県北東部の太平洋沿岸地域に位置し、軽米町、九戸村、洋野町、野田村、岩泉町、葛巻町に隣接。

太平洋に接する東部はリアス式海岸の段丘が連なり、西部は遠島山など標高1,000m級の山々がそびえる北上高地の北端部にあたります。

また、市域を東へ流れる久慈川や長内川などの河川が北上高地を侵食し、深く切り立つ渓谷を形成しながら太平洋に注ぎ込みます。

「北限の海女」のまちの久慈市は、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のメインロケ地として一躍有名に。

また、世界有数・国内最大のコハクの採掘産地として知られます。

平庭高原の白樺林や久慈平庭県立自然公園、県立自然公園の平庭高原、三陸復興国立公園内の「つりがね洞」など、豊かな自然の恵みによる観光資源が多いことも特徴です。

人口は34,798人(2019年8月1日現在)で、1960年の45,025人をピークに減少の一途をたどっています。

市が人口減少対策として戦略に掲げる雇用創出や人の流れづくりなどの施策は、市だけでなく県政も一丸となって取り組む課題です。

2016年の台風10号では市内に多くの被害をもたらしました。

今後は道路施設の防災対策や代替路線の整備など災害に強い主要幹線道路網の整備が課題となっています。

こうした課題解決においても、県議の存在は非常に重要です。

野田村

九戸郡野田村は、県北東部に位置し、北部・西部は久慈市、南部は普代村と岩泉町に隣接。

また太平洋・三陸海岸に臨む東部は、三陸復興国立公園の一角をなします。

東西11.3km、南北13.8kmに広がり、面積80.80平方kmです。

北上山地が南北に走り、西端には男和佐羅比山や女和佐羅比山がそびえます。

全体的に山地で起伏が多い形状ですが、西部から東部にかけて起伏が少なくなっています。

江戸時代から製塩業が盛んに行われ、製造された塩は牛の背中に載せられて遠く盛岡などへ運搬されていました。

その道は「野田塩ベコの道」と呼ばれ、今もウォーキングイベントなどが行われています。

基幹産業は農林水産業で、世界三大漁場である三陸漁場の野田湾ではG1ブランド認定された「荒海ホタテ」やワカメなどの海の幸が豊富に獲れます。

また、極めて高い衛生レベルの中ストレスなく飼育されたブランドポーク「南部福来豚」のほか、ほうれん草や食用菊、山ぶどうも特産です。

町の人口は4,226人(2019年7月現在)で、1985年の5,382人をピークに減少の一途をたどっています。

人口減少対策の戦略に掲げる「村の資源を活かした雇用創出」や「住民コミュニティーの整備」などの施策においては、村と県が一体となって取り組む必要があります。

村が自主自立しつづけるためには、県政との連携が不可欠です。

2019年岩手県議選挙その他選挙区についてはこちら

2019年の岩手県議会議員選挙では16選挙区に62人の候補者が立候補し、内8選挙区が無投票選挙となりました。

無投票選挙となった選挙区は以下の通りです。

  • 宮古選挙区(定数3)
  • 遠野選挙区(定数1)
  • 陸前高田選挙区(定数1)
  • 釜石選挙区(定数2)
  • 二戸選挙区(定数2)
  • 八幡平選挙区(定数2)
  • 滝沢選挙区(定数3)
  • 九戸選挙区(定数1)

また、選挙戦となった選挙区の候補者情報や開票結果情報については以下リンク先よりご確認ください。

>>2019年岩手県議会議員選挙 投開票速報・開票結果一覧はこちら

その他2019年9月8日投開票の選挙

岩手県議会議員選挙2019以外で2019年9月8日に投開票となる選挙は以下の通りです。

error: Content is protected !!