市長選挙

北見市長選挙2019開票結果速報 出口調査や情勢予想・立候補者の公約を解説

こちらの記事では北海道北見市長選挙2019についての開票速報と開票結果、立候補者の公約や選挙投票率などについてまとめています。

2019年9月8日に投開票となる北見市市長選挙には再選を目指す無所属で現職の辻直孝氏(66)と、共産党で新人の政党役員・菅原誠氏(46)の2人が立候補しました。

 

立候補者の経歴プロフィールや選挙の情勢などについても随時まとめていきますので参考にしてください。

北見市長選挙2019開票速報・開票結果・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選25138辻 直孝66無所属北見市長
つじ なおたか
9312菅原 誠46共産政党役員
すがわら まこと

北見市市長選挙2019の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








北見市市長選挙2019年の立候補者の経歴や公約

辻 直孝(つじ なおたか)の経歴やプロフィール

  • 名前:辻 直孝
  • 現年齢:66
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現
  • 肩書き:現市長
  • 学歴:北海学園大学経済学部卒
  • 職歴:北見市役所職員

北見市役所に入庁し、企業局長や社会教育部長などを務め、定年退職後、常呂自治区長を務めた。2015年に市長の死去に伴う市長選に立候補して初当選、2期目を目指す。

主な公約・政策主張

笑顔ひろがる 北見に!

明日を築く8つの政策第2幕

  • 育てる

…保育所・幼稚園・認定こども園などの施設設備やパラきたKidsのリニューアルを進めるなど、子育て環境の充実を図ります。

…教育環境の整備を進めるとともに、明日の北見を担うこども達に「生きる力」や愛郷心を育む学校教育を推進します。

  • 支える

…休日夜間急病センターの整備と併せ、かかりつけ医から北見赤十字病院など3次医療までの連携で安心の地域医療づくりを進めます。

…保健センターの整備をはじめ、「健康寿命」を伸ばす健康づくりと併せ、コミュニケーション条例制定の取組など、すべての市民が生きがいをもって暮らせる地域福祉を進めます。

  • 繋がる

…各自治区の個性を活かした地域づくりを推進するとともに、北見市としての一体感醸成に努めます。

…JR北海道問題や高規格道路など、圏域の課題に対し、各市町村と連携して取り組みを進めます。

  • 広がる

…地域特性にあった着地型観光の推進や、コンベンションを積極的に誘致し、地域経済の活性化を図ります。

…積極的なシティプロモーションを展開し、交流人口や北見のファンである関係人口を増やします。

  • 明日に備える

…人口減少を見据えた公共施設の再配置の検討、行財政改革などを進めるとともに、活力ある北見の明日を創る「地方創生」の取り組みを進めます。

…高齢化社会を迎え、市民の足を確保するため、地域公共交通体制のあり方を検討します。

  • まもる

…恵まれた自然環境を守り育て、未来へと引き継ぎます。

…多発する自然災害から、いのちと暮らしを守るために、国土強靭化計画の策定など減災・防災対策を行い、災害に強いまちづくりを進めます。

  • つくる

…基幹産業である農林水産業の持続的な振興に加え、特産品や大学等を活用した商品開発や、販路拡大を進めます。

…人手不足解消の支援と、仕事を積極的に誘致することと併せ、働きやすく、ワーク・ライフ・バランスが、とれた雇用環境を目指します。

  • 進める

…中央大通り沿道における都市再開発の支援など中心市街地の活性化を図り、人口減少社会に対応した多核連携型のコンパクトなまちづくりに取り組みます。

…市政と行政が共に協力する市民主体の協働のまちづくりを進めます。

菅原 誠(すがわら まこと)の経歴やプロフィール

  • 名前:菅原 誠
  • 現年齢:46
  • 性別:男
  • 党派:共産党・新
  • 肩書き:共産党北見地区委員長
  • 学歴:北見工業大学大学院電子工学科卒
  • 職歴:京セラ社員、民主青年同盟道副委員長

1998年に京セラに入社し、2002年に退社。2005年から衆院選北海道12区に4回立候補して落選。2015年北見市長選に立候補して落選。今回リベンジを目指す。

主な公約・政策主張

「若い人が残れる街に」「高齢者をみすてないで‥」格差と貧困が広がり、命と暮らしの不安いっぱいです。

市政は、新庁舎の事業費軽減、子ども医療費や国保の願い、全戸停電時の市民の不安に耳を傾けて来たでしょうか。

私は、大企業と金持ちのための政治から、市民の命と暮らしを守る!この思いを強く持ち、「市民の暮らし・福祉を第一に、市民の声が活きる市政」を作ります。

 

市民のみなさんと同じ思いをもてるまことの5つの政策

  • 市民の声を生かします

…新カーリングホールの内容見直し

…移動市長室など直接市民の声を

…予定価格事後公表の入札に変更

  • 子育て応援の街を

…中学校卒業までこども医療費無料化

…学校給食費助成を、中学校にも

  • 命を大切にする市政

…国民健康保険料の独自軽減

…介護保険料、利用料の軽減

…水道料金の減免規定を作る

  • 地域経済拡大で、若者の雇用へ

…住宅リフォーム支援事業の拡大

…再生可能エネルギーの事業化をめざす

…農産品目の拡大で若者に挑戦の場を

  • 安全安心の街を

…地域自主防災組織の拡大にとりくむ

…福祉避難所の増設・拡大

…地域の危険個所の継続調査と早期対策








北見市長選挙2019年の情勢や当選予想

辻氏と菅原氏はそれぞれ、市長の死去後行われた2015年の市長選から立候補し、2015年に続いて今回が2回目の立候補です。

結果得票数氏名党派年齢
当選29,310辻 直孝無所属・新62
11,440菅原 誠無所属・新42

 

2015年は辻氏が17,870票差で勝利しました。

今回も前回に引き続き、辻氏と菅原氏の一騎打ちの選挙戦です。

 

辻氏は無所属ながら自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党、新党大地の推薦を受け、子どもの医療費無料化拡大などの子育て支援や防災対策、新庁舎建設や災害対応、産業活性化に取り組んだ1期4年の実績を全面に押し出しての選挙戦となりそうです。

 

一方の菅原氏は共産党の北見地区委員長を務め、2005年、2012年、2014年、2017年の合計4回の衆議院北海道12区での立候補経験があります。

初めて立候補した前回の市長選では辻氏にダブルスコア以上の差をつけられ敗北、2017年の衆院選では立候補者3人の中23,830票の得票数で3位でした。

長らく野党の立場で活動してきた経験から辻市政への批判と、命と暮らしを守る市政を主な主張としており、子育て支援や市民生活向上の実現を訴えていく選挙戦になりそうです。

 

前回の選挙戦でダブルスコア以上の差をつけて勝利し、前回と同様に与党の自民党と公明党に加え、野党第一党の立憲民主党が相乗りする立候補者である辻氏が、現職市長のアドバンテージを活かして一歩リードしているのではないでしょうか。

 

市政の継続か、刷新か。どちらを選び、北見市の進む未来を決めるかはあなたの一票に掛かっています!

2019年9月8日投開票の選挙

error: Content is protected !!