市議会議員選挙

草津市議会議員選挙 開票結果速報2019 立候補者と当選者・情勢予想

2019年9月8日に投開票となる滋賀県草津市議会議員選挙(草津市議選)

本記事では草津市市議会議員選挙2019の立候補者名一覧と開票速報・開票結果、当選者落選者、情勢、投票率などについてお伝えします。

2019年の草津市議選の有権者数は8月31日時点で10万8207人となっています。

草津市の今後4年間の市政を担う大事な選挙戦、早速ご紹介します。

草津市議会議員選挙2019年の結果速報・開票結果・当選者出口調査最新情報

2019年の草津市市議会議員選挙の結果速報と開票結果情報は即日開票となり、開票速報情報が発表され次第随時こちらに追記していきます。

またNHKなど新聞社各社の出口調査情報も参考にし、新しい情報が入り次第随時更新してまいります。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
2883土肥 浩資41国民ダイキン工業株式会社社員
どい こうすけ
2725.26中嶋 昭雄68自民無職
なかじま あきお
2508西垣 和美58公明草津市議会議員
にしがき かずみ
2399奥村 恭弘55無所属会社員
おくむら やすひろ
2302横江 政則64無所属無職
よこえ まさのり
1939小野 元嗣54無所属草津市議会議員
おの もとつぐ
1903藤井 三恵子58共産無職
ふじい みえこ
1881山元 宏和66無所属無職
やまもと ひろかず
1859瀬川 裕海58無所属株式会社瀬川元代表取締役
せがわ ひろみ
1845伊吹 達郎55無所属市議会議員
いぶき たつろう
1840田中 香治44無所属会社役員
たなか たかはる
1749西村 隆行64公明団体役員
にしむら たかゆき
1671杉江 昇57無所属市議会議員
すぎえ のぼる
1642川瀬 善行69無所属会社役員
かわせ よしゆき
1599.74中島 美徳47無所属株式会社アナー戦略経営役員
なかじま よしのり
1588西田 剛58無所属株式会社かなや代表取締役
にしだ つよし
1500井上 薫60無所属無職
いのうえ かおる
1418永井 信雄67無所属自転車販売業
ながい のぶお
1318
八木 良人
58無所属代表取締役社長
やぎ よしと
1300服部 利比郎46無所属会社員
はっとり としひろ
1253西川 仁72共産無職
にしかわ ひとし
1189石本 恵津子56無所属自営(交流サロン経営)
いしもと えつこ
1153遠藤 覚53無所属市議会議員
えんどう さとる
1039粟津 由紀夫57無所属NPO代表
あわづ ゆきお
974高玉 敬子68共産無職
たかたま けいこ
158高畠 信也55無所属協会代表
たかはた しんや








草津市市議会議員選挙2019年の立候補者一覧と選挙情勢

今回の草津市議会議員選挙には、定数24に対して26人が立候補しました。

党派別、新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

現職元職新人
共産党0(0)2(1)1(1)3(2)
公明党2(1)0(0)0(0)2(1)
自民党1(0)0(0)0(0)1(0)
国民民主党1(0)0(0)0(0)1(0)
無所属12(0)0(0)7(1)19(1)
合計16(1)2(1)8(2)26(4)

 

現職16名、元職2名、新人8名の戦いとなりました。

党派別では、共産3、公明2、自民1、立憲1、無所属19で、女性候補は4名となっています。

 

前回2015年の草津市議会議員選挙は定数24名に対し26名が立候補し、現職16名、新人8名が当選しました。

 

党派別では公明2、共産2、自民1、民主1、無所属18で、女性の当選者は3名、投票率は46.96%でした。また、最下位当選者の得票は1219票、次点は1077票でした。

参考:2015年草津市議会議員選挙の開票結果

結果得票数氏名党派
3810土肥 浩資民主
2648西垣 和美公明
2456横江 政則無所属
2288.67奥村 恭弘無所属
2226山田 智子無所属
2219木村 辰己自民
1968遠藤 覚無所属
1960伊吹 達郎無所属
1944西村 隆行公明
1888瀬川 裕海無所属
1878棚橋 幸男無所属
1804山元 宏和無所属
1762.221奥村 次一無所属
1756杉江 昇無所属
1677小野 元嗣無所属
1656永井 信雄無所属
1552.576中嶋 昭雄無所属
1482八木 良人無所属
1446西田 剛無所属
1418.477久保 秋雄共産
1391.945中島 美徳無所属
1315中村 孝蔵無所属
1239宇野 房子無所属
1219安里 政嗣共産
1077石田 栄治共産
276.107笠原 靖弘無所属

 

前々回2011年の同市議選は、定数24名に対し30名が立候補し、現職20名、新人4名が当選しました。

 

党派別では、共産党3、公明党2、民主党2、自民党1、無所属16で、女性の当選者は6名、投票率は48.12%でした。また、最下位当選者の得票は1086.399票、次点は1047票でした。

 

今回の2019年同市議選は、前回と同じ立候補者数であるため、投票率や得票の集中・分散により変動するものの、前回と同程度の1200~1300票が当選ラインとなる可能性があります。








草津市の特徴や抱える課題

草津市の特徴

草津市は、滋賀県南西部に位置する面積67.82平方キロメートル、人口約14万2000人の、大津市に次ぐ県下第2位の人口を有する都市です。

 

江戸時代には東海道と中山道が接する草津宿として栄え、現在は国道1号、名神・新名神高速道路、JR東海道線・琵琶湖線・草津線が市内を通るなど、江戸から現代にかけて一貫して交通の要諦となっています。

 

また、人口当たり年間小売販売額が高く湖南地域における商業の中心という側面も有しており、大企業の滋賀県内の拠点が県庁所在地の大津市ではなく草津市におかれるケースも散見されます。

草津市の課題

草津市は、全国的に人口減少が問題となるなか、今も人口が増加している活気にあふれる街です。

 

現在でも草津市の人口が増えている主な理由には、1990年代以降の道路網発達により産業都市の性格が増し市内での就業の場が増加したことなどがあげられます。

 

国立社会保障・人口問題研究所による推計でも、2040年の草津市の人口は約14万5000人と現在より増加した人数となっています。

 

しかしながら、草津市内の宅地開発状況を細かく見ていくと、現在の人口増加基調は国立社会保障・人口問題研究所の推計よりも早期に収束し、草津市であっても人口減少に転じていくと草津市では分析しています。

 

このような現状認識のもと、草津市政の基本である第5次総合計画において草津市が目指す将来像を「出会いが織りなすふるさと“元気”と“うるおい”のあるまち 草津」実現のため、以下の4点をリーディングプロジェクトとして市政が運営されています。

 

  • 「健幸都市」づくりの推進
  • 子育て・教育の充実
  • “まちなか”を活かした魅力向上
  • コミュニティ活動の推進

 

草津市の市政運営には、人口減少に苦しむ多くの自治体と違い、現時点の人口増加と将来の人口減少の両方をカバーしなければならない難しさがあります。

 

今回草津市議会議員に選出される議員には、市長や行政との協力のもと、草津市の発展に資する働きを期待したいところです。

2019年草津市市議会議員選挙の日程や期日前投票情報など

  • 告示日:2019年9月1日
  • 投票日:2019年9月8日
  • 開票日時:即日開票で午後9時15分から
  • 開票場所:草津市役所2階特大会議室
  • 期日前投票(期間):2019年9月2日~9月7日 午前8時30分~午後8時まで(投票所によって変動あり)
  • 期日前投票(投票場所):草津市役所2階特大会議室、市民交流プラザロビー (フェリエ南草津5階)、エイスクエアSARA北館1階、イオンモール草津モール棟2階、立命館大学びわこ・くさつキャンパスセントラルアーク

2019年9月8日投開票の選挙

error: Content is protected !!