町長選挙

三春町長選挙 結果速報2019|開票結果と出口調査 情勢予想・立候補者の公約

福島県三春町長選挙が2019年9月8日に投開票となります。

ここでは三春町町長選挙2019の開票速報と開票結果、立候補者の公約や、情勢、投票率などについてまとめています。

 

三春町町長選挙2019の立候補者はいずれも無所属新人で元副町長の坂本浩之氏(63)と橋本国春氏(67)の2名です。

有権者数は9月2日時点で14,690人となっています。

三春町長選挙2019開票速報・開票結果・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選4920坂本 浩之63無所属無職、元副町長
さかもと ひろゆき
3806橋本 国春67無所属農業、元副町長
はしもと くにはる

三春町長選挙2019の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








三春町長選挙2019年の立候補者の経歴や公約

坂本 浩之(さかもと ひろゆき)の経歴やプロフィール

  • 名前:坂本 浩之(さかもと ひろゆき)
  • 現年齢:63歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:前三春町副町長
  • 学歴:専修大学法学部卒
  • 職歴:三春町役場職員、2019年7月まで三春町副町長

三春町出身。専修大学法学部を卒業後、1979年に町役場職員になりました。

保健福祉や住民、総務などの課長を歴任し、2016年から副町長とを務めました。

三春まちづくり公社代表取締役副社長として在職中です。

主な公約・政策主張

8月29日に行われた政策討論会において、自身の出馬動機について、昨年12月に現町長の鈴木義孝氏より後継出馬の打診を受けたと明かしました。

その場では固辞したものの、以後周囲から出馬要請が相次いだことで、以下の基本政策の元、出馬を表明しました。

  1. 現町政の基本政策継続
  2. 議会、事業者、町民の一体感を取り戻し、一致団結して町政を進めること
  3. 産業振興については三春町内の経営資源活用を第一に考えること

「このままでは三春町が壊れてしまうという強い危機感と、生まれ育った町への郷土愛から今回の出馬に至った」と語っています。

橋本 国春(はしもと くにはる)の経歴やプロフィール

  • 名前:橋本 国春(はしもと くにはる)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元三春町副町長
  • 学歴:県立岩瀬農高卒
  • 職歴:三春町役場職員 元三春町副町長

三春町出身。県立岩瀬農高を卒業後、1975年に町役場職員となり、総務課長などを歴任し、2011年から1期4年間、副町長を務めました。

三春まちづくり公社取締役として在職中です。

主な公約・政策主張

「副町長として行政に携わった経験から、生まれ育った町の未来に向けて、多くの世代が住みやすい町を作りたいという強い思いが生まれた。それを町長として実現したい」と語っています。








三春町長選挙2019年の情勢や当選予想

前回2015年の三春町長選挙は、現職と新人の一騎打ちとなり結果は、

  • 鈴木 義孝(現)6,137票
  • 本田 一安 (新)3,707票

となり鈴木氏が当選しました。投票率は67.6%でした。

2011年の選挙は鈴木氏が無投票当選。

今回町長選は、4期にわたって町政を司った現職の鈴木氏が出馬せず、引退を表明したことから新人同士の一騎討ちとなりました。

 

また、両候補ともに副町長の経験があり、三春町の地域振興を図る三春まちづくり公社の副社長と取締役がそれぞれ立候補するという骨肉の争いに近い選挙です。

選挙戦における争点は、子育て支援策や農業の後継者確保、空き家や耕作放棄地の活用などを中心に議論が交わされるとみられます。

2019年9月8日投開票の選挙

error: Content is protected !!