市長選挙

新庄市長選挙 結果速報2019|開票結果・出口調査・情勢予想や立候補者の公約

2019年9月8日に山形県新庄市市長選挙が投開票となります。

本記事では新庄市長選挙2019の開票速報と開票結果、立候補者の経歴や公約、選挙情勢や当確出口調査などの最新情報をお届けしています。

 

2019年の新庄市長選挙の立候補者はいずれも無所属で4選目を目指す現職市長の山尾順紀氏(67)と、新人で元市議の小関淳氏(63)の2名です。

有権者数は8月31日時点で2万9954人となっています。

新庄市市長選挙2019開票速報・開票結果・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選9,187山尾 順紀67無所属新庄市長
やまお じゅんき
9,132小関 淳63無所属自営業、元市議
こせき あつし

新庄市長選挙2019の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








新庄市市長選挙2019年の立候補者の経歴や公約

山尾 順紀(やまお じゅんき)の経歴やプロフィール

  • 名前:山尾 順紀(やまお じゅんき)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:現新庄市長
  • 学歴:大正大学仏教学部
  • 職歴:新庄市職員、新庄市議会議員

新庄市の円満寺にて生まれ、大学卒業後に新庄市役所に入庁。青年センターや市民プラザでの勤務を経て、平成11年には新庄市議会議員に当選し2期市議を務めました。

平成19年市長選に立候補して初当選を果たし、今回4期目に挑みます。

主な公約・政策主張

市政12年間、厳しい財政の中、

  1. 真冬でも「下駄で歩ける新庄市」を目標に重点的に除雪への取組んだこと
  2. 市の産業活性化のために「新庄まつり」など産業、観光振興策を打ち出してきたこと
  3. 市政の効率化を打ち出して財政再建を成し遂げたこと

を実績として強調しています。

今後は、超高齢化社会に向けて社会福祉の整備を訴え、市内に看護師養成所を創設して育成と充実を図っていくことを公約としています。

小関 淳(こせき じゅん)の経歴やプロフィール

  • 名前:小関 淳(こせき じゅん)
  • 現年齢:63歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元新庄市議会議員、副議長
  • 学歴:法政大学卒
  • 職歴:元新庄市議会議員(計4期12年)

尾花沢市出身で新庄北高校卒。大学卒業後に出版社に勤務の後に、新庄市で書店を開業。07年に同市市議に初当選し、以降4期をつとめました。

今回の出馬にあたり市議を辞職しました。

主な公約・政策主張

現職が進める看護師養成所創設については市の負担が大き過ぎるとして計画撤回を訴えています。

給付型奨学金制度の導入や、子育て・教育支援のさらなる充実、水道費の更新などに予算を充当すべきだと訴え、支持を呼びかけています。








新庄市長選挙2019年の情勢や当選予想

前回2015年の新庄市長選挙は、現職と新人の一騎打ちとなり結果は、

  • 山尾順紀 12,079票
  • 渡部泰山 7,712票

となり山尾氏が当選しました。投票率は66.0%でした。

2011年の選挙は山尾氏が無投票当選となりました。

今回市長選での山尾氏の第一声には、近隣自治体首長や自民党衆院議員加藤氏など300人が集まりました。

一方で小関氏の第一声には、支持者など50名が集まり、無所属参院議員2名から激励のメッセージが届けられています。

この選挙での争点は、主に看護師養成所創設の是非など、限られた財源をどう活用するかという点で明確です。市民の判断に注目が集まっています。

2019年9月8日投開票の選挙

error: Content is protected !!