市長選挙

牛久市長選挙 結果速報2019|開票結果・出口調査と情勢予想 立候補者の公約も

現職VS新人の戦いとなった茨城県牛久市長選挙が2019年9月8日に投開票となります。

本記事では牛久市長選挙2019の開票速報と開票結果、立候補者の公約や経歴、選挙情勢や投票率などについてまとめています。

 

2019年の牛久市長選挙の立候補者はいずれも無所属で、新人で元市議の根本洋治氏(63)と、諸橋太一郎氏(48)の2名です。

有権者数は9月1日時点で7万469人となっています。

牛久市長選挙2019開票速報・開票結果・当選者出口調査情報

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
9633小松崎 伸61無所属会社顧問、元市議
こまつざき しん
当選16367根本 洋治67無所属牛久市長
ねもと ようじ

牛久市長選挙2019の開票結果は自治体による選挙管理委員会事務局やNHKなどの最新の出口調査情報が入り次第随時、上記の図を更新していきます。

開票は即日開票となりますのでもうしばらくお待ちください。








牛久市長選挙2019年の立候補者の経歴や公約

根本 洋治(ねもと ようじ)の経歴やプロフィール

  • 名前:根本 洋治(ねもと ようじ)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:現牛久市長
  • 学歴:駒澤大学経営学部
  • 職歴:牛久市議会議員、牛久市議会議長

牛久市生まれの牛久市育ちです。PTA連絡協議会会長や消防団副団長などを歴任した後平成11年には牛久市議会議員に当選し、以降3期市議を務めました。

平成27年市長選に立候補し、初当選を果たし、今回2期目に挑みます。

主な公約・政策主張

市政4年間の実績として、

  1. 木造平屋建で生徒にも快適な、ひたち野うしく中学校の建設
  2. 学校教育への人材バンク活用
  3. 子供の医療費助成の18歳までの拡大
  4. 街なか地区への武道館の建設
  5. 空き家バンク制度の確立

などを挙げ、牛久の変貌をアピールしています。

当選後は、人口減少や超高齢化社会に打ち勝つため、人・組織・社会のさらなるイノベーションが必要であり、それを成し遂げると力強く宣言しています。

小松崎 伸(こまつざき しん)の経歴やプロフィール

  • 名前:小松崎 伸(こまつざき しん)
  • 現年齢:61歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:医療法人顧問
  • 学歴:成城大学経済学部卒
  • 職歴:元牛久市議会議員(計2期8年)

牛久市出身。20年の銀行勤務経験の後、2007年市議に初当選し、4期目途中に市長選に立候補します。牛久茎崎ライオンズクラブ会長でもあります。

主な公約・政策主張

4期務めた市議時代には小中学校の設備改修を積極的に進めるなど、教育の充実に注力しました。現市政では施策のスピード感不足、市政人事の偏りなどを指摘し、

  1. 牛久ワイン復活や駅前ビル再興など産業の振興
  2. 通学路安全確保やICT教育の充実など、教育環境の充実
  3. 市役所対応向上や税金無駄遣い廃止などの、行政サービス向上と財政の健全化

などの項目をスピード、決断力、実行力をもって確実に推進していくことを公約としています。








牛久市長選挙2019年の情勢や当選予想

前回2015年の牛久市長選挙は、新人同士の一騎打ちになりました。

結果は、

  • 根本洋治 18,685票
  • 諸橋太一郎 12,755票

となり、根本氏の当選でした。投票率は47.2%でした。

今回の選挙では両候補ともに無所属でありつつ、党派的には保守系です。

自民党牛久支部は、両候補ともに推薦する異例の対応をとり、自治体首長選では珍しい保守分裂選挙になりました。

後は現職の4年間の市政を市民がどのように評価するかにかかっています。一般的には現職が有利な首長選ですが、今回の牛久市長選は予断を許さない状況です。

2019年9月8日投開票の選挙

error: Content is protected !!